フロアマップ2F Floor guide

  • 車両ステーション2F
  • 科学ステーション2F
  • 鉄道ジオラマ
  • 運転士体験教室
  • スペシャルギャラリー
  • 鉄道文化ギャラリー
  • ライブラリー
  • コレクションギャラリー
  • メモリアルフォトスタジオてっぱこ
  • トレインレストラン日本食堂

車両ステーション2F

車両ステーションは、実物の車両が36両展示されている当館最大の展示室です。開館以来、車両を通じて歴史を語る「ヒストリーゾーン」として親しまれましたが、2017年4月に名称を「車両ステーション」と変更し、車両の姿を見やすくする造作の変更や解説パネル及び年表のリニューアルなどを順次進めてまいりました。
2018年4月26日(木)にリニューアルが完成し、それぞれの車両が持つストーリーや活躍当時の躍動感、迫力を体感していただけるエリアとして生まれ変わりました。今は静かに動きを止めて佇んでいる車両たちのいきいきとした姿・躍動感を音や光、映像やICTを駆使して表現します。新しい演出により展示車両の魅力をぜひ「体感」してください。
なお、旧「鉄道歴史年表」は2018年3月14日に車両の歴史に特化した「鉄道車両年表」としてすでにリニューアルしております。鉄道の歴史と社会の関わりについては、2018年7月5日(木)にオープンする新館の歴史ステーションにおいて、技術の変遷史を中心に総合的に展示いたします。こちらにもどうぞご期待ください。

鉄道車両年表 トレインレストラン日本食堂

車両ステーションパノラマシアター

車両ステーション上部の壁面に設置した巨大スクリーンで、迫力のある映像と音、光で躍動感を感じていただける環境演出を行います。繰り返し上映し、一日中お楽しみいただけます。

【映像リスト】
  • てっぱくオールスターズ
    展示車両の走行シーンや車内のイメージ映像です。
  • 車両アーカイブス
    戦前の蒸気機関車やかつての食堂車など、当館で収蔵している貴重な映像をご覧いただけます。
  • 転車台回転実演用映像
    毎日12:00と15:00に実施している「転車台回転実演」時にC57形式蒸気機関車やEF55形式電気機関車のイメージ映像を上映します。

車両ステーションパノラマシアター

鉄道車両年表

鉄道車両年表は、鉄道開業時から現代までの鉄道車両の歴史を、年表と写真を使って解説しています。あわせて、代表的な車両模型を展示しており、車両の変遷をビジュアル的にも分かりやすくご覧いただけます。

鉄道車両年表

科学ステーション2F

鉄道の科学をテーマに、鉄道に隠された不思議を発見し、科学の視線で探求することで鉄道のしくみを理解できる、実験型ミュージアムです。さまざまな鉄道の基礎知識を伝え、来館者が科学原理に気づき、発見し、楽しみながら学べる体験の場を展開します。

科学ステーション2F

鉄道ジオラマ

概要

2017年7月に全面リニューアルした鉄道ジオラマ。観客席との仕切ガラスを撤去し、すべて新規に製作した風景や線路を、間近にご覧いただけるようになりました。線路の総延長は約1,200m、総数約1,400両からセレクトしたHOゲージの模型車両(新幹線1/87、在来線1/80サイズ)が迫力いっぱいに駆けめぐります。

特徴

日本の鉄道は、新幹線に代表される「高速輸送」と、首都圏に代表される「高密度で正確な輸送」が特徴です。ジオラマの中央をまっすぐ横切る高架橋を新幹線が駆け抜けますが、なかでも東北新幹線E5系「はやぶさ」と秋田新幹線E6系「こまち」の切り離し、連結シーンを模型で再現します。また、都市部の通勤路線を再現した複々線の線路には、3つの駅が間近に設けられ、1つのエンドレス(環状線路)上を2本の列車が追いつきそうになりながらも安全に走るシーンを再現。この2つのシーンは必見です。

鉄道ジオラマ

解説ショー

解説員が解説しながら模型車両を運転する「解説プログラム」(10分程度の実演プログラム)を実施しています。オープン当初は、「新幹線の分割」を組み込んだものなどの3本程度のプログラムの実施を予定しています。

実演時間

    • (10:20)
    • (14:00)
    • 11:00
    • 15:10
    • (12:10)
    • (16:00)
    • 13:00
    • 17:00
  • ( )の時間は団体のお客さまの貸切となる場合がございます。
  • 記載時間以外でもプログラムを実施しています。詳しいスケジュールは当日会場でご確認ください。
  • 都合により実演時間を変更・中止させていただく場合がございます。

鉄道ジオラマ

ご利用方法

個人:
入室は自由ですが、満員の際はお並びいただき、順次ご案内いたします。(予約不要)
団体:
団体利用申込書」に記入し、鉄道博物館へFAXで送付してください。

ご利用料金

無料

鉄道ジオラマ

運転士体験教室

概要

ディスプレイ付簡易運転台をご利用のお客さま全員が講師からのアドバイスを受けながら一緒に運転士体験を楽しめる、新しい体験型シミュレータです。(定員20名)

特徴

実際にプロの運転士を養成するための訓練設備を基本にしており、運転台の計器画面の見方や運転時の指差称呼の方法をご体験いただけるのみならず、コースによって、速度制限下での運転や定時運転など、より高度な技量が必要なプログラムもあり、本格的な運転士気分が味わえる体験型プログラムです。

運転士体験教室

体験プログラム

“初級”、“中級”、“上級”の3つのコースを体験できます。1回のプログラムは40分程度です。

初級 :
基本走行(発車・停止)体験
中級 :
信号と速度制限体験
上級 :
定時運転体験
    • 初級
    • (11:00)
    • 初級
    • 13:00
    • 初級
    • 14:00
      ※土・日、祝日のみ実施
    • 中級
    • 15:30
    • 上級
    • 16:30
  • ( )の時間は団体のお客さまの貸切となる場合がございます。

ご利用方法

個人:
当日教室入口にて実施時間ごとに記名して頂きます。
団体:
団体利用申込書」に記入し、鉄道博物館へFAXで送付してください。
  • ※ご予約は、2018年9月1日(土)ご利用分から承ります。

ご利用制限

小学5年生以上

  • ※小学1〜4年生は、付添の方がご同席いただければ参加可能です。

ご利用料金

500円(税込)

運転士体験教室

鉄道文化ギャラリー

鉄道にちなんだ文学・映画・音楽・絵画作品から駅弁・駅そばといった「食」に至るまでを、実物や情報端末で展示します。日本の鉄道と文化のつながりを新鮮な切り口で丸ごと楽しんでいただけます。

鉄道文化ギャラリー

ライブラリー

鉄道を中心に、交通関係各分野の運輸・歴史・技術・統計・年鑑・伝記などの図書をはじめ、鉄道関係雑誌のバックナンバーなど、約34,000冊を所蔵しているほか、特別コレクションとして、明治期から現在までの時刻表を収集しています。

  • ※ご利用時間 10:00〜17:00(閲覧申込は16:30まで)
  • ※土曜・日曜・祝日は予約なしでご利用いただけます。平日のご利用は、事前にご予約ください。

・予約 048-651-0088(代表)
・受付時間 10:00〜18:00

ライブラリー

コレクションギャラリー

当館には、1921(大正10)年に初代・鉄道博物館がオープンして以来、収集が続けられてきた、さまざまな収蔵資料・コレクションがあります。これらのコレクションは、資料収蔵庫に収められており、企画に合わせて随時展示します。収蔵庫には鉄道関連を中心とした資料が、文書類・乗車券類・図面類・美術工芸品類・写真類・被服類・用具部品類など分類別に収納されています。コレクションギャラリーでは、その一部を展示しております。

コレクションギャラリー

メモリアルフォトスタジオ「てっぱこ」

博物館収蔵の貴重な鉄道写真などにお客さまご自身の姿が合成される新展示を設置しました。

来館記念としてプリントサービスも実施します。(1枚500円)

歴史を物語る写真には、あたかもその時代にタイムスリップしたような体験ができます。

メモリアルフォトスタジオてっぱこ

トレインレストラン日本食堂

食堂車をテーマとした、高級感のあるレストランがオープンしました。鉄道博物館に今までなかったフルサービスのレストランで、落ち着いた雰囲気の中、贅沢なメニューが味わえるレストランです。鉄道博物館での特別な思い出をご提供いたします。

詳しくはこちら

トレインレストラン日本食堂