フロアマップ1Fミニ運転パーク周辺 Floor guide

  • キッズプラザ
  • キッズカフェ
  • ミニ運転列車
  • てっぱくライン
  • キハ11形式気動車
  • DD13形式ディーゼル機関車
  • てっぱくホール
  • キッズライブラリー
  • 455ランチトレイン

キッズプラザ

公募をもとにラッピングカラーを決めた103系電車・容器や具を自分で選び自分だけのオリジナル駅弁をつくって遊べる「おままごとえきべん」を楽しめる「なりきりゾーン」、ホワイトボードにクレヨンで自由に絵を描ける「おえかきゾーン」、鉄道玩具「プラレール」(発売元:タカラトミー)で遊べる「プラレールゾーン」、小さなお子さまが安心して遊べる「乳幼児ゾーン」で構成される、お子さまが鉄道に触れながら遊べる場所です。

キッズプラザ

キッズカフェ

キッズプラザ内に設置。楽しい空間の中でお子さまが遊ぶ様子を見守りながら安心してご飲食を楽しめるカフェです。てっぱくならではのオリジナルメニューや、大人の方も気楽にくつろげるようなワンハンドフードが充実しています。

詳しくはこちら

キッズカフェ

ミニ運転列車

概要

ミニ運転列車は、芝生と木々を配したコースの中、自分で列車を運転し、「万世橋」「飯田町」「汐留」「両国橋」駅を巡ることのできる体験展示です。

1周300m・線路幅600mmのコースを、長さ約2.4m、幅約1.2mの3人乗りミニ車両で運転できます。(所要時間約6分)。コースの途中にはカーブによる減速や、ポイントの速度制限、先行列車による開通待ちなど、実際の運転シーンが展開します。

車両の種類

E235系、East i、251系スーパービュー踊り子、E257系あずさ、EF510形式電気機関車、HB-E300系リゾートしらかみ、E259系成田エクスプレス、E657系ひたち、E233系、E531系の計10両を設置します。車椅子のお客さまにもご利用いただける車両も用意しております。なお、車両の種類は選べません。

設置駅

出発・到着駅を含め4つの駅を設置し、それぞれ万世橋駅(乗降駅)、汐留駅、飯田町駅、両国橋駅となります。

ご利用方法

先着順で整理券を配布いたします。

■配布場所:
ミニ運転パーク乗り場横
■配布開始時間:
10:00より配布いたします。

ご利用制限

運転は小学生以上に限らせていただいております。(1台に3人まで乗車可能)

  • ※ミニ運転列車の運転には、信号や標識の意味を理解することと、異常時の係員からの無線連絡を理解することが必要となります。

ご利用料金

1台 200円(1名様分のご予約で、1両につき3名様まで乗車できます。)

E233系(左)E531系(右)E233系(左)
E531系(右)

E235系(左)East i(右)E235系(左)
East i(右)

EF510形式電気機関車(左手前)HB-E300系リゾートしらかみ(右奥)EF510形式電気機関車(左手前)
HB-E300系リゾートしらかみ(右奥)

E259系成田エクスプレス(右手前)E657系 ひたち (左奥)E259系成田エクスプレス(右手前)
E657系 ひたち (左奥)

科学ステーション屋上から見た(ミニ運転列車の軌道)科学ステーション屋上から見た
ミニ運転列車の軌道

汐留駅に停車するE257系あずさと251系スーパービュー踊り子汐留駅に停車するE257系あずさと
251系スーパービュー踊り子

てっぱくライン

てっぱくラインは、「中央駅」から「北駅」までのおよそ230mの線路を往復するミニ列車で、入館者の方が無料で乗車できるようになっています。運転される車両はE2系「はやて」をモデルにした、ミニ車両編成で、1編成最大29名が乗車できるようになっています。

てっぱくライン

キハ11形式気動車

キハ10系グループは、国鉄が全国の非電化ローカル線の輸送近代化を目的とした気動車で、1953(昭和28)年からグループ総両数で728両が製造されました。当館ではこのキハ10系グループに属する1956(昭和31)年製造のキハ11形式25号を屋外展示しております。この車両は新製後、水戸機関区真岡支区に配置されて真岡線などで運転されたのち、1980(昭和55)年に国鉄から茨城交通に譲渡された車両です。

キハ11形式気動車

DD13形式ディーゼル機関車

大都市周辺の操車場や駅での入換作業用に製造された液体式ディーゼル機関車。安定した性能で416両が製造され、全国各地での入換作業やローカル線で使用されました。

DD13形式ディーゼル機関車

てっぱくホール

てっぱくホールは、通常は、鉄道博物館が収蔵する映像・ビデオなどを上映するためのスペースで、特別な企画や催し物などがあった場合にも使用します。

180名を収容することができ、大型スクリーンによる迫力ある映像を体験できます。

  • ※団体利用などにより、映像の上映を中止させていただく場合がございます。

てっぱくホール

キッズライブラリー

キッズライブラリーでは、お子さまを対象とした鉄道に関する絵本や外国の鉄道図書をご覧いただけます。
実際に使用されていた鉄道車両の座席を設置し、旅行中の車内で本を読んでいるような体験ができます。
また、靴を脱いで親子でゆっくり絵本を楽しめるスペースもあります。
(開室時間 10:00〜16:30)

キッズライブラリー

455ランチトレイン

455ランチトレインは、てっぱくライン「中央駅」に並行するように展示している2両の電車で、455系と呼ばれる急行形の交直流両用電車です。団体の入館者の方に、持参のお弁当を召し上がっていただくスペースとして、また団体のご利用のない時間は一般の方にも開放するスペースとして設置されています。

455ランチトレイン