鉄道博物館 企画展「山手線展〜やまのてせんが丸くなるまで〜」 会期:2021年10月9日(土)〜2022年1月31日(月) 会場:本館2F スペシャルギャラリー1 〈後援〉さいたま市、東日本旅客鉄道株式会社 〈協力〉埼玉県教育委員会鉄道博物館 企画展「山手線展〜やまのてせんが丸くなるまで〜」 会期:2021年10月9日(土)〜2022年1月31日(月) 会場:本館2F スペシャルギャラリー1 〈後援〉さいたま市、東日本旅客鉄道株式会社 〈協力〉埼玉県教育委員会

企画展 Special exhibition

鉄道博物館 2021年秋の企画展「山手線展〜やまのてせんが丸くなるまで〜」
【2021年10月9日(土)〜2022年1月31日(月)】

首都圏を代表する鉄道路線であり、誰もが一度は乗ったことがある山手線。1885(明治18)年に開業して以来、時代によってその役割を変えながら東京の主要部を結ぶ環状線となり、首都・東京の人々の生活を支える路線へと成長した、現在にいたるまでの歩みを紹介します。また、本展では埼玉県教育委員会と連携し、埼玉県立新座総合技術高等学校の生徒が参画しました。若い力とともに作り上げた、今までにない企画展をお楽しみください。

※内容は、急遽変更になる場合がございます。

詳しくはこちら【PDF1580KB】

鉄道博物館 企画展「山手線展〜やまのてせんが丸くなるまで〜」

■メイン展示

開催期間
2021年10月9日(土)
〜2022年1月31日(月)
場 所
本館2F スペシャルギャラリー1
料 金
無料 ※入館料のみでご覧いただけます
Ⅰ 山手線誕生

貨物輸送などの鉄道による輸送ネットワークを形成する目的で作られ、官設鉄道(のちの東海道線)と日本鉄道を結ぶバイパス線として1885(明治18)年に開業した日本鉄道品川線(品川〜赤羽間)。その後の池袋〜田端間を結ぶ豊島線開業までの「山手線の起こり」を紹介します。

「東京高崎線間鉄道略図」1881(明治14)年12月12日(『工部省記録』第26巻-3)

「東京高崎線間鉄道略図」1881(明治14)年12月12日(『工部省記録』第26巻-3)

Ⅱ 山手線の環状化

日本鉄道の国有化を機に、山手線の電化・環状化が進み、目まぐるしく輸送力が強化されていきます。蒸気から電気へ、バイパス機能の強化を目指した貨物線の建設など、その激動の変化を紹介します。

Ⅲ 副都心の形成

現在の山手線の各駅周りの発展や繁華街の形成には、戦前の東京市域の交通事情から生まれた数多いターミナル(終着駅)が大きく影響を及ぼしています。山手線と街の関係性を紐解きながら紹介します。

Ⅳ 山手線の今

世界的にみても圧倒的な利用者数を誇り、開業から約135年、環状運転開始から約100年の歳月を経て、東京の鉄道路線の代名詞ともいえる路線へと成長を遂げた山手線。その現在の様子や、利用者に選ばれる路線をめざした取組みについて紹介します。

49年ぶりの新駅・高輪ゲートウェイ 2020(令和2)年4月

49年ぶりの新駅・高輪ゲートウェイ
2020(令和2)年4月

今も明治期の面影が残る浜松町付近 2021(令和3)年8月

今も明治期の面影が残る浜松町付近
2021(令和3)年8月

■関連イベント

1 企画展解説イベント

企画展の見どころや、解説を展示室の前で担当学芸員が解説します。

期 日
2021年11月3日(水・祝)、
2022年1月9日(日)、10日(月・祝)
時 間
13:00〜14:30
場 所
本館2F スペシャルギャラリー前イベントスペース
定 員
約20名(先着順)

※開始時間までにスペシャルギャラリー前にお集まりください。

※ソーシャルディスタンスの確保にご協力ください。

※待機列による「密集」「密接」を避けるため、開始5分前にお越しください。

2 SNSでの企画展ギャラリートーク

Instagram、Facebookの鉄道博物館公式アカウントにて、企画展のみどころや展示解説を行います。

期 間
2021年11月より順次更新

※鉄道博物館 公式Instagramはこちら

※鉄道博物館 公式Facebookはこちら

3 埼玉県立新座総合技術高等学校との連携イベント

制作企画、デザイン等は埼玉県立新座総合技術高等学校の生徒が考案しました。
内容によって開催期間が異なります。

詳しくはこちら【PDF1580KB】